外食産業へのご提案

HOME >  外食産業へのご提案 >  木・竹・樹脂製箸

箸の商品カタログ

オリジナルの箸袋や、既製品の箸袋へのセット加工も承っております。

オリジナルの箸袋をご希望の方は名入箸袋よりご覧ください。

割箸の種類

小判(こばん)

材質:白樺
角の部分を削り、使いやすくしたもので頭部から見ると小判に見える割箸。

元禄
元禄(元禄)

材質:桧、松、竹、アスペン、白樺、菩提樹、モクレン
角の部分を削り、割れ目に溝をつけて割りやすくした割箸。

天削
天削(てんそげ)

材質:杉、桧、松、竹、アスペン
箸の部分を斜めにカットした割箸で、割箸の上下を逆にするなという意味です。

利休
利休(りきゅう)

材質:杉、桧、松、竹、アスペン
千利休によって考案された一本ずつばらばらであったのを、明治末期に新型の割箸として考案されたものです。中央を太くし、両端を細く削って面を取っています。

両細(りょうほそ)

材質:柳、桧、アスペン、菩提樹
お祝いの席では仲を割るとして敬遠される事から、一本ずつ両細が使われます。両端が細く中央は太くなっている丸箸です。

卵中
卵中(らんちゅう)

材質:杉、松、竹
千利休が安土桃山時代に考案した一本ずつ分かれている割箸です。